相続、遺言のことならお任せください。対応地域、垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・神戸市中央区・東灘区・灘区・明石市

神戸市垂水区の司法書士が運営する、相続・遺言の専門サイト

相続放棄

相続放棄

相続放棄は3か月以内に

相続の放棄は、相続の開始があったことを知ってから(通常亡くなった時から)3か月以内に、家庭裁判所に申述しなければなりません。

3か月などバタバタしているうちに、あっという間に過ぎていってしまいます。
借金等に注意して財産調査は速やかに行いましょう。

例外的ですが、3か月経過した後の相続放棄も認められる可能性はあります。
諦めず速やかに専門家に相談することをお勧めします。

次順位の相続放棄

相続の放棄をすると、その相続に関してははじめから相続人でないものとみなされます。
つまり、子(第1順位)の全員が放棄をすれば直系尊属(第2順位)、さらに全員の放棄により兄弟姉妹(第3順位)が相続人となります。
ですので、他の親族に借金がふりかかることのないよう、相続放棄するときはそのことを他の親族に知らせてあげてください。そして、全員で相続放棄をするようにしましょう。
なお、相続放棄は代襲相続の原因にはなりませんので、子が相続放棄をしたからといって孫が代襲者となるわけではありません。

遺産分割と相続放棄

遺産分割において取り分をゼロとする協議をしたため、相続放棄をしたものと誤解されているケースがあります。
しかし、相続放棄はあくまで家庭裁判所に対する申述のうえなされるもので、それをしていない以上、借金の返済を請求された場合、相続放棄をしたとの理由で支払いを拒むことはできません。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional