相続、遺言のことならお任せください。対応地域、垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・神戸市中央区・東灘区・灘区・明石市

神戸市垂水区の司法書士が運営する、相続・遺言の専門サイト

公正証書遺言

公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言者が、公証人によって遺言書を作成・保管してもらうものです。

遺言者が、証人2人と共に公証人役場へ出向き(病気などで行けない場合は公証人が遺言者のところへ来てくれる場合もあります)、遺言内容を口述し、公証人がそれを筆記します。
公証人が遺言者と証人に筆記した内容を読み聞かせた後、遺言者と証人、公証人が署名押印をして完成です。

遺言者の口述する内容については、公証人役場についてから考えるのではなく、あらかじめ紙に書いて準備しておいたほうがよいでしょう。

なお、証人について、

  • 未成年者
  • 推定相続人、受遺者、それらの配偶者と直系血族
  • 公証人の配偶者、4親等以内の親族、書記および使用人
    は証人になれません。

(証人がみつからない場合は当事務所で手配いたしますのでご相談下さい(1名につき10,800円が必要となります)。)

公正証書遺言作成のための公証人手数料は、日本公証人連合会のサイトをご参照下さい。

当事務所の遺言作成サポートをご利用いただいた場合の流れ


1 まずはお電話で面談日をご予約ください。

電話番号 078-752-2121
お越しいただくのが難しい場合は出張いたします(出張料金5,250円+交通費実費が必要となります)。

2 文案の打ち合わせ

誰にどの財産を渡すのか等遺言の内容について打ち合わせをします。
・登記事項証明書
・固定資産税評価証明書
・預貯金の場合、銀行名、支店名、口座番号がわかるもの
・株式の場合、銘柄名・株式・株価がわかるもの
・その他財産を特定する明細など
・遺言者の印鑑証明書(3ヶ月以内)
・遺言者と相続人の続柄が分かる戸籍謄本
・財産を譲り渡す方の住民票
などの書類をご用意下さい。

3 公証人との打ち合わせ

2で打ち合わせした文案について、司法書士が公証人と打ち合わせをします。
公証人に公証人費用を算出してもらい、遺言者と証人が公証人役場を訪ねる日時を決めます。

4 公証人役場で公正証書遺言の作成

遺言者と証人2人全員で公証人役場へ赴きます。

5 公正証書遺言の完成

公正証書遺言の正本と副本を受け取ります。
遺言書の原本は公証人役場で保管されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional